↑これより過去のバックナンバーは、「バックナンバー」の文字をクリックしてくださいね~!!

ねころくっ!別館~2007.11-2015.5のバックナンバー保管しています~

赤ちゃん子猫を拾っちゃったアナタへ★参考になれば嬉しいです!

飼い猫ちゃんが脱走してしまったアナタへ★参考になると嬉しいです

動く「ねころくっ!」はこちら

ねころくっ!レギュラーメンバー紹介記事はこちら~♪みんな出てるよ~

2008年度、ねころく家卒業にゃんこリストはこの記事で★

2009年度、ねころく家卒業にゃんこリストはこの記事で★

2010年度、ねころく家卒業にゃんこリストはこの記事で★

2011年度、ねころく家卒業にゃんこリストはこの記事で

2012年度、ねころく家卒業にゃんこリストはこの記事で

2013年度ねころく家卒業にゃんこリストはこの記事で

2014年度ねころく家卒業にゃんこはこの記事で

« うまうまうま! | トップページ | ころころと »

2015年10月 8日 (木)

ねころく研究室

Dsc08766

ぽかぽかぽか・・・

Dsc08767

秋めいてきましたが、日差しがやさしい・・・

Dsc08768

「あ・・・ふまないでね?」

「おっとと。はあい、大丈夫よ~。」 そして父になるむくむく(笑)

さて。たみゅことこどもたち、元気元気ですよ~。

Dsc08756

くんずくんず・・・

Dsc08757

「むきぃ~」 「きょひぃ~」

ほぐれつ、くんず。

Dsc08788

「やーい。ボク、しゅごいだろー!」

ひとりがのぼれば・・・

Dsc08787

「まけるかーーー!」

「にゃにおーー!?」

みんなでのぼり・・・

Dsc08747

あっちに・・・

Dsc08752

こっちに・・・

Dsc08743

あっちこっちに探検探検。

Dsc08744

「はいはい、あぶないこと、しなーい。」

ママ、しっかり監督。

と、すっかり子供らしくなってきましたよ。

耳もずんどこ開いたし、ね(笑)

Dsc08740

おなかがすけば、みんなでご飯・・・って

Dsc08741

あ・・あれっ!?

そして、家族になる(笑)

いやいや、ももさーん?ももたさーん??

Dsc08819

「はいっ。失礼いたしました。

みなさん、こんばんは。ワタシがねころく研究室長、ももたですっ!」 きりりっ

「えっ?…研究室長って…?」

「はい。今日はワタクシの研究に研究を重ねた学説を、みなさまに発表させていただきますっ!よろしいですかっ?」

「は・・はい。」

Dsc08825

「さあ。みなさま。みなさまはワタクシ共、猫の柄模様はどのように出来るか、ご存知でしょうか?」

「…柄模様の出来方、ですか。」

Dsc08821_2

「はい。それではお教えしましょう!さあ、こちらをご覧くださいっ!」

Dsc08820

「あ~…見えますか~?はい、もっと寄って寄って~?」

Dsc08818

「ご説明しましょう。 ママのお腹のなか、ですね。こんなふうに丸まってるわけです。

わかりますか~?胎児、ですよ。たいじ。

そこに、柄の元のペンキのような、柄汁が、ですね。

ぶっしゃーー!っとかかるわけです。柄汁、ぶしゃーー!ですね。」

「・・・柄汁、ですか。」

「ええ。そうしますと、それは主に背中からかかるわけでして…。おのずとお腹側や手足なんかは白く残ったりするわけです。」

Dsc08798_2

「ね?こんなかんじですよ。で・・・」

Dsc08804

「こ~んな風に・・・わかりますか?そろってますよね。

Dsc08805

両足の色がそろったりするのは、きっとまだ手足がちゃんと出来あがる前に、

柄汁ぶシャー、だったのだろうと推測できますね。」

Dsc08823

「なので・・・っと。そして、ですよ。次、次。」

Dsc08824

「はい。次はこちらをご覧ください~。あ、カメラさん寄って寄って・・・」

Dsc08817

「え~、そして大抵おなかのなかには複数のこどもたちがいるわけで、

その並び方や、柄汁のかかりかたや方向から、

このようにいっぱいかかる子やとび散っちゃう子や、はたまた違う方向から違う色がかかったり・・・

かかった後にじわ~っと流れると縞模様になります。

丸まっているので、顔の部分にしっぽが来ますので、

そこに色がかからないと、はちわれになったりするのですっ!」

Dsc08799

「こんな、でしょうか?」

「あ~、そうそう、そんな感じ。

Dsc08802

ほらね、そんな感じ。もっと丸まって丸まって・・・

まあ、まだおなかの中では尻尾は三角のでっぱりみたいなもんですからね。

はちわれの原点はここにあるのです。」

Dsc08812

「へぇ~~。これはもしかしたら、すごい学説ですね、ももた室長・・・。」

「ふっ・・・そうでしょうそうでしょう。」

Dsc08826

「ワタクシはこの学説を、ねこ学会に発表しようと思っておりますっ!」

「ははーっ。そうですか。確かに高く評価されるかと・・・。」

Dsc08827

「ええ。のーべる賞は間違いないと思っておりますっ!」 きりりっshine

ももた室長の絶対的な自信にあふれた学説

「猫の柄、柄汁ぶしゃー!説」

いかがなものでしょうか?

みなさん、よ~く考えてみて。想像してみて。お宅の猫さんの柄、こうやって出来たのではっ!と思えませんか??

Dsc08830

「ふふっ。柄汁ですっ!すべては柄汁ぶしゃー!で説明つくのですっ!!」

だ、そうです。

またねころくに伝説の学説、誕生!(笑)

 
  ★☆★☆★おまけ★☆★☆★

Dsc08730

うにです。

Dsc08734_2

たみゅこ一家やこどもたちに、寛大な態度で接しております。

さすがは巨匠。

Dsc08724

「おかあさん?」

「ん?なあに?」

Dsc08725_2

「・・・ふぅ。」

Dsc08726

「・・・どっこいしょ。」

うには、来る。

Dsc08727

ワタシとコーヒーの間に。

ワタシとケータイの間に。

ワタシと本の間に。

Dsc08728

「・・・・・。」

「わかった。わかった。わかりました。うに、ほんとにいっつもえらい。

ありがとありがと。」

Dsc08729

「・・・ふぅ。」

これを、しょっちゅうやられるようになってます(笑)



☆ランキング参加しています☆

Dsc08829

「一層の研究を重ねてまいる所存ですっ!」きりりっ!

日本の博士方の、ノーベル賞連続受賞おめでとうございます。

次は彼の番だと思いますっ!既にねころくノーベル平和賞受賞歴あり。次は生物科学賞か・・・。また増える、ももたの別名。今度はももた博士でしょうかww

いっつも子猫たちを見ながら、こんなあほなことを、ぼ~っと考えております。妄想です。でもかなりイケる説だと自負しております(笑)

↓今日もぽちっと応援お願いします↓

Photo

↑ブログランキング、MIXカテゴリに参加中

Photo_2

↑にほんブログ村。MIX多頭飼いに参加中。

モバペ|ペット人気ブログランキング

↑mobapeランキング。1クリック1円の殺処分防止などのための寄付になるそうです。有意義な寄付になりますように

« うまうまうま! | トップページ | ころころと »

たみゅこ」カテゴリの記事

ねころく相談室」カテゴリの記事

ももた」カテゴリの記事

保護猫」カテゴリの記事

子猫達」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

面白いhappy02

かなりいける学説です。

インクが出てくるところがちょっと危うい。

楽しいからいいsun

ももた博士すごい❗
本当にその通りうちの子達の柄は両手揃ってます。

この学説は本当だと思いますよ‼

以前、ネコの柄について調べたことがあったのですが、
白地に黒の柄はいても黒地に白柄はいない。
ももた博士と同じで子猫は最初はみんな白地で上から柄汁をブシャーだと(笑)

いやいや恐れ入ります。
学会での発表楽しみにしてます‼

博士!Dr.ももた!
新説発表おめでとうございます。
なるほど、猫にはちわれが多いのはそういうことだったんですね。
何故くつした猫がいるのかにも、合点がゆきました。

ずんどこタケノコ説に続き、斬新な学説。
そして、うちの子たちはまさにずんどこ期です。

きみどりさん、無理やり離乳しました。
ロイカナふやかしても、イランイランされて、口に入れたらペッ。です。
うまうまと食べ始める…それってすごいテクニックな気がします。
熟練のなせる技。

兵糧攻めで、哺乳瓶をやめて、腹がすくまで離乳食しかあげないようにし。(ふやかしカリカリにカルカンの子猫用パウチ)
1.5か月くらいなんで、いい加減食べないと。。

半日くらいで腹がすいて食べ始めました^^
(ワンラックが二日でなくなり、財布がやばかった;;)

たみゅこの子供たち、何グラムくらいですか?
とても丸々して可愛いです。

すぱろうズは寝るときも遊ぶときも一緒なんですね~♪
元気そうでずんどこで何よりです。
うにも良い子。ちゃんとお兄ちゃんできてますね。
でもやっぱりうにが一番じゃないとね! よっ!うに!匠!うにが良い子なのはみんな知ってるよ!

「猫の柄、柄汁ぶしゃー!説」
さすがきみどりさん、すごい!おもしろい!とても説得力があります。あ、ももただった(^w^)
なるほどな~、そういうふうに柄はぶっしゃーされてできるのか。柄のできかたなんて考えた事も無かった。ノーベル賞がとれたらお祝い送りますね(^-^)/
それにしても紙をちゃんと持っているももたがすごい♥

「ブラボーflair

ももた研究所長、素晴らしい学説です。

なるほど、「柄汁ぶしゃー!」だったのですね。

ふむふむ納得です。だから両手や両足の柄がピッタリと
揃うのですね。

次から次への学説に驚きを隠せません。
子猫を見ると頭の中耳でいっぱい、ずんどこずんどこと
唱えてしまいます。


「おっとと」
「はあーい、私も踏まないように気をつけます…」

気分は私もサンルーム(笑)
本当に、むくむく、父のよう。
いい眺めです。


ももた室長、素晴らしい学説です!
そして、絵がわかりやすいっ!
今どき、絵が描ける象やオットセイは居ますけど、描いた絵を解説出来るのは室長だけでございましょう。
ノーベル賞を受賞の際は、「微生物のおかげ」ならぬ
「きみどりお母さんのおかげ」ってスピーチしてね。
んふふ

うに匠も
ス、テ、キ

ももた室長へ

今年仙台方面は白黒、ハチワレ、牛柄の子猫が多く、猫ボラの間で話題になっています。
協力病院が譲渡も協力してくれているんだけど、そこの奥さんがもう白黒は無理、譲渡に繋げられない、と根をあげたとか。
ウチにも白黒保護猫一匹来て、まだもらわれないし。
何か仙台方面に墨汁が降ったんでしょうか?

あと、墨汁ぶしゃーのぶしゃーのところは、やっぱりふなっしーみたいにぶっしゃ~~~!!!と言ったほうがいいですか?

あと学術的なことはさておき、プライベートな質問もいいですか?
たみゅこかあさんは好みですか?
家族になろうよ、と言ってみましたか?
子猫のいる女子もOKですか?
いや、無理に答えなくても結構です。

せんせ〜せんせ〜
ももたせんせ〜
質問で〜す。
真っ白ちゃんや真っ黒ちゃんは専用のペンキ箱に
頭まで浸かるんですか〜?お耳や目に入って大変そう…
色柄の希望はきいてくれるの〜?
トレンドってあるのかな?私はおんにゃの子だから
男子にモテモテで知的な
イメージにしてね♪
あっせんせ〜は博士であってカラーコーデはしないんだっけ?
質問ばっかでゴメンね
ももたせ〜んせ(はぁと)

★かぐやさん★

むむむ。ぺんき、ってのは解りやすくするするがあまりかえって危うかったですかね・・・。
ええ。でもしかしっ!これは渾身の、絶対的な学説ですっ!はいっ!


★こまぽんさん★

そうなんですっ!これは、じつはもうずうっと温めていた学説なのです。絶対間違いない。

他にもいろいろありましてね。
実はベースカラーは3通り。白、黒、ベージュ。
白が一番多く、ベージュは主に茶とら、きじとらに。黒はそのまま黒猫のなるのです。

柄汁のかかりかたは、背中側からこう、両手でくるむように柄が出てると思います。いろんなところを想像してみてください。
白いところは当時しわになっていたところだったりします。
縞模様も、背骨部分から両方に垂れ流れた感じになってるはずです!だよね。にゃ吾カブ!(笑)

ちなみにうちのちょびちょびは、ほんとはちょびひげでなくほくろになるはずだったのに・・・あ!ってちょっと多めにかかっちゃったんだよね~。ほくろだったらおじさまに瓜二つだったのに。


★さくらんぼんさん★

おお~!強制離乳おめでとうございます。そうなんですよね。ミルク代、ほんとバカになりませんからね。うちはまえに哺乳瓶の乳首だけをぼろぼろにされ、また瓶を買わねばならず。びんがいっぱいありますよ。そう。おなかがすけば絶対食べる!(笑)

ずんどこ期のこどもたちとはよい教材がおりますね。ぜひずんどこ説を実感しながら、この柄汁ブシャー説を検証してください。
背中からくるむように柄が出てるはずです。こういう体勢のときにこうかかったのだな、とよっくわかると思いますよ!

たみゅこのこどもたち、測れるはかりがないのですよ~。おそらく800くらい、かなあ??けっこうずっしりしてきましたよ。


★花猫さん★

おお・・・そう。うにへのお気づかいありがとうございます。そう。うにを大事にしないとね(笑)

そうなのです。この柄汁ブシャー!説はずっとあたためていた絶対的な自信の学説なのです。今度猫を見かけたらよっく観察してください。
背中、頭からこう、くるむようにお腹に向けて柄汁がかかったあとがはっきりとわかるはずですっ!
これは間違いないっ!ふんっ!(←室長の鼻息)


★さびあさん★

はい~。そうなのです。そうなのです。これはずんどこと並び、絶対です。ホントに絶対なのですっ!
ぜひとも色々なねこさんで検証してみてください。

なので、頭の中~耳でいっぱい、ずんどこずんどこ♪のあとは、
柄汁ぶしゃーでできあがり~~♪と続けて歌ってくださいませっ!(笑)


★がっちさん★

ひだまりに子猫・・・もう幸せとしか言いようがない光景ですよね。
父のように寄り添うむくむくがたまらんのです。

さあ、この新学説。でもこれは実はずんどこ説より前からずうっとあたためていたものなのですっ!
いろいろな猫さん、ほんとにみんなこうなって説明つくんですよね。
ああ、実際にお見せしたいです。

そしてももたがやがて栄えあるノーベル賞を受賞し、左うちわで暮らせるように親孝行してくれるの夢でございます。


★ぺぎさん★

おやおやおや。白黒ラッシュとはなんと素晴らしい。よろしいですか?我が白黒系列は優秀なのですよ。
そして、すばらしいチャンス!このワタクシの柄汁ブシャー!説が一番わかりやすく体現しているのは黒白・白黒柄です。
どうか一匹ずつ手にとって、ああ、こうやって柄汁がかかったのだな、ああ、ここはちょうどしわになっていたのだな、などと検証しつつ、学びを深めてくださいませ。

あ。もちろんそのときのぶしゃー!は、そうです。かの梨汁ぶしゃー!の方のように、感情を込め、畏敬の念を持ってこころからぶしゃー!っと叫んでくださいませ。

え・・・?た・・みゅこさん・・え・・い、いや・・そ、その・・・

ああ、ぺぎさん。これはちょーっと歳の差が、ねえ。
なんか一緒に食事してますが、
おじいちゃん、さっきも食べたでしょう?とか言われていますよ(笑)
どうやら家族になるのはむくむく・・・のほうなのかなあ?


★ももしまさん★

はいはいはいはい~~!
おおおっ。ももしまさん、すばらしい着眼点です。よい質問ですっ!
はい。実はベースカラーはほぼ3通り。黒、白、ベージュなのです。

なので、黒の子は何がかかっても黒!黒猫の兄弟が全黒が多いのはそこが原因なのですね。ベースが黒けりゃ全部黒い。
で、白ですが、これは一番多いベースでいろんな柄に変化します。
が、真っ白というのは全く柄汁の干渉を受けなかった、という点で、
ある意味特殊ケースなのです。
なので、オッドアイなど色素的な異常があったりする場合もあるわけです。
ベージュベースは基本的に茶とらですね。茶色の柄汁ぶしゃーで全茶とら。さび猫なんかもこのベースの子が多いデス。

ここまでおっけーですかあ?
で?え?と・・・とれんど??
アナタ、そりゃあ絶対白黒ですよ。しろくろはちわれ。これ以外ない!
賢いやまとなでしこ。かわゆじゃあ、あーりませんか。
ね?え?はぁと・・・?いや・・そ、その、あのその・・・(照)

おひさしぶりです、きみどりさん。
凄く説得力のある学説!納得しました!
ちなみにいまのにゃんこは足の裏はほぼ黒豆です。
柄汁踏んだんでしょうかねー(笑)

★ここかあやんさん★

ありがとうございますっ!そうなんですよ、もうね、絶対って確信するくらいこの説には自信持ってるんですけど。なんかイマイチみなさんに伝わっていないような気が・・・。
う~ん。なるべくたくさんのにゃんこのサンプルで観察してみてほしいですね~。想像をたくましく、勾玉のような形にまで持って行って・・・。

で、肉球は、これまた不思議。これはまた何か秘密がありそうです!
室長に研究依頼をだしましょうかね。
墨汁踏んじゃった的な足裏の子ってけっこういますよね!
そうか・・柄汁の流れたとこをぶにぶにっと踏んじゃったのかも!?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うまうまうま! | トップページ | ころころと »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GENESIS(ゲネシス) ~素敵な写真を残しませんか?あなたの大切な一瞬を↓Let’sクリック↓~

  • genesis.jpg

読んだら↓↓ぽちっとクリック。ありがとうございます!

  • Photo
  • Photo_2

むくむく稲荷☆なんか御利益あるかもよ~?

  • Photo_2
  • Photo

ねころく☆リンク ( カーソル当てるとご案内表示しま~す♪)

Plastic Romantic

Amazon

Amazon

楽天

  • おかいもの、ないですか?
無料ブログはココログ