↑これより過去のバックナンバーは、「バックナンバー」の文字をクリックしてくださいね~!!

ねころくっ!別館~2007.11-2015.5のバックナンバー保管しています~

赤ちゃん子猫を拾っちゃったアナタへ★参考になれば嬉しいです!

飼い猫ちゃんが脱走してしまったアナタへ★参考になると嬉しいです

動く「ねころくっ!」はこちら

ねころくっ!レギュラーメンバー紹介記事はこちら~♪みんな出てるよ~

2008年度、ねころく家卒業にゃんこリストはこの記事で★

2009年度、ねころく家卒業にゃんこリストはこの記事で★

2010年度、ねころく家卒業にゃんこリストはこの記事で★

2011年度、ねころく家卒業にゃんこリストはこの記事で

2012年度、ねころく家卒業にゃんこリストはこの記事で

2013年度ねころく家卒業にゃんこリストはこの記事で

2014年度ねころく家卒業にゃんこはこの記事で

« ゆく猫、くる猫2013!~前編~ | トップページ | ベストポジション »

2014年2月 4日 (火)

ゆく猫、くる猫2013!~後編~

Dsc03021

「みなふぁん、こんばんふぁ~・・・」

Dsc03023

「わらふぃが、ねころくよーちえんりじちょー、ももたでふ・・・」

Dsc03025

「なんか・・・ヒマ。」

ねころく幼稚園、理事長先生も、園長先生も、

子猫がいないからだれだれ(笑)


さあ、ゆく猫くる猫、後半ですよ~。今日も超長いよ~。

でわでわ、いってみよー!


  ***6月後半***

え~、この時点での在宅猫、

ちまこ、きくな、なかめじろ、みけまるこ、すずらん、ほとちゃん、ちっぽ、くるん、のこねこはちっ!

まずは・・・

21_2
22_2

26日に、ちまこ、きくな、なかめじろの3匹が卒業。

23

またまた3匹一緒に!!迎えていただけました。

里親さんは、卒業猫、碧(あお)と緑(りょく)の里親さん、のお友達ご一家。

3匹一緒とはなんと嬉しい!

早々と予約を頂き、ご都合により1カ月以上、待ちに待ってお迎えいただきました。

そして・・・

24

28日にはすずらんちゃんも。

これまたかつての卒業生、まゆゆとしままの里親さんの元へ、電撃里子入り決定!

その翌日には

Photo

まるちゃんと

Photo_2

ほとちゃん、一緒にお見合い大成功!

と、順調にみんなの新しいおうちが決まっていったのでした。

みんな、やったね~!

そういえば・・・

Photo_23

カラスの恩返し??(笑)が続いたのもこのころでしたね~(笑。詳しくはこのあたりのバックナンバーを


   ***7月***

Photo_3

月が変わって7月。

みなさまに 「あまりの乳飲み子」 とよばれたちっぽとくるん。

Photo_5

ミルクをしっかり飲んでくれてなんとかすくすく!

順調に開眼っ!

Photo_7

Photo_9

9日には、まるちゃん、ほとちゃんが無事卒業。

里親さんは、バルの兄弟コウヘイ君のお父様からのご紹介いただいたご一家。

おうちは娘さんご夫婦のおうちなのですが、それはもう、お父様お母様も総出で大歓迎してくださいました!

お父様は、その後もせっせと子育て、お留守番に通ってくださっていたんですよ~。

さて。

Photo_10

昨年は面白い事に、ここで卒業生のおーがねを一旦お預かり。

その後

Photo_11

ママが出産後のましろもお預かり、と、二匹の里帰りっ子を預かりましたっけ。

これまた愉快でしたね~。

Photo_12

みんな卒業し、残ったちっぽとくるんのお兄ちゃんしてくれたおーがね。

Photo_14

すっかり仲良しになった、おーがねとましろ。

愉快でちょっとほっとした時間・・・だったのですが

Photo_15

順調に成長してくれていた、みにまむずのくるんが・・・

Photo_16

ちょっと鼻が詰まりだしたかと思ったら、すぐにぜろぜろしはじめて・・・

Photo_17

皆様にいっぱい応援していただいたのに・・・

Photo_18

あっという間に・・・ほんの3日で・・・23日、虹の橋へ逝ってしまいました。

ちょうど生後1カ月。もう大丈夫だ。ヤマは越したと思ったのに・・・。


くやしくて、悲しくて・・・いまでも思い出すと涙が出てきます。

ほほ笑んでいるような表情で、眠るように旅立ったのがせめてもの救いでした。

その後、おーがねとましろがそれぞれのおうちに帰ってゆき、

残ったのはちっぽだけ・・・と、思いきや

Photo_19

ASKULの箱に入って

Photo_24

あーーっ!また乳飲み子ーーっ!(笑)

30日、

⑲きょーくる ⑳あすくる(共に7/30~10/12)がやってきます。


7月は、私事もなんだか忙しく、しつこい耳鳴りにも悩まされ、ちょっと苦しい一カ月でした。

でも、そんな中、猫たちはいっぱいいっぱい笑顔をくれましたっけ。

ああ、ほんとにほんとに・・・可愛かったなあ。

 
  ***8月***

Photo_25

ニューフェイス、きょーくる、あすくるは

Photo_27

きょーくる

Photo_26

あすくる

わはは!わはは!わははは!

何度見ても笑っちゃう。目が開きかけのしょぼかわで・・・。

Photo_29

ぱち!

開眼したらめちゃかわゆいのですが、もうちょっとしょぼかわを見ていたかったような気になったっけ・・・(笑)

ともあれ、順調にすくすく。

Photo_30

ひとり残ったみにまむずのちっぽも・・・

Photo_31

脱、乳飲み子!すっかり子猫らしくなってやんちゃ一杯に!

そして里親さん候補もご紹介いただいたので、

そこでむらむらときみどりのお節介&やり手ばばあの血が騒ぎ出します(にやり)

Photo_32

仲良しの「メゾン猫猫」のサビーさん宅に拾われた子猫、

(21) はなび (8/17~8/26) をこちらであずかり、

Photo_33

あわよくば、ちっぽと一緒に迎えて頂けないかと画策!

というわけで、17日、サビーさんに連れられて、はなびがやってきました。

二匹はあっという間に仲良くなり、お見合いも見事成功!

Photo_34

30日、すっかり仲良くなった二匹は一緒に卒業してゆきました。

里親さんは、これまたかつての卒業生、くららとこいぬの里親さんのお姉さまご一家。

別々の場所で産まれ、拾われた二匹は、ずうっと一緒に兄弟として過ごしてゆけることになりました。

なんだか不思議で、とっても嬉しいご縁でした。


他にも8月は・・・

Photo_35

20日、友人の会社で保護された子猫を受け取りました。

Photo_36

お腹にはへその緒から胎盤までがまだついており、体温も低めでなかなかミルクも飲んでくれず・・・

Photo_37

2日後の22日、力及ばず虹の橋へ逝ってしまいました。

まだ保護ネームもつけていなかった・・・。

(22) まめちゃん、と名付けました(8/20~8/22)

やっぱり悔しくて、悲しくて・・・

でも、まるでにっこり笑って手を振っているような姿に、

またおいで、またおいで、またね、またね、と繰り返して送りましたっけ。


くるんちゃん、まめちゃん、と

小さな子猫を育てる難しさを痛感した夏でした。

 
  ***9月***

Photo_38

その後のきょーくる、あすくるは

Photo_40

それはもう、すくすく元気に育ってくれて、

Photo_41

あっという間に乳飲み子から子猫へ!

そこへやってきたのが

Photo_42

「あ・・ども、でしゅ。」 

(23) にゃ吾!(9/20~11/11)

ご近所の庭で数日鳴いていたのを保護してくださった子。

Photo_43

で、ここにきて遂に里親さんのご紹介も途絶え、

きょーくる、あすくる、にゃ吾の里親さん募集をネット経由で開始したのでした!

 
  ***10月***

Photo

しっか~し!まだまだラッシュは止まらない。

10月はいきなり1日に、

(24) ぽっち (10/1~11/24)がやってきます。

鼻ぽっち模様のちびっこ、ぽっち。

3日間、畑のちいさな物置小屋で鳴き続けていたのを、保護主さんが発見SOS。

連れてきたときはしゃがれ切った声で鳴き叫んでいたっけ。

Photo_2

脱水、低体温もあったけど、すぐに元気になってくれました!

Photo_5

そして、立派に育った、しょぼかわだったきょーあすが

Photo_6

12日、二匹一緒に卒業してゆきました。

里親さんは、ネット経由でお問合わせいただいた方。

この数日後に、ご家族とご一緒に、二匹はなんと新幹線に乗って秋田にゆきました!

今は雪国で優しいご家族に溺愛されてますよ~。

Photo_7

22日。まだ来るよ~~。

(25) うずら (10/22~11/9) が加入。

Photo_8

この時点での在宅にゃんこは、にゃ吾、ぽっち、うずらの3匹に。

愉快なしましまトリオの出来上がりです!


   ***11月***

Photo_9

さあて。月は変わって、9日。

うずらが仮卒業してゆきます。

里親さんは・・・

Photo_10

かつての卒業生、黄ちゃんの里親さん。

初めての複数飼いに、黄ちゃんとの相性などご心配されていたのですが、

あっという間にこのとおり!

すっかり仲良くなり、愛情も笑いも二倍に増えたと喜んでくださっています!

そしてその後

Photo_11

Photo_12

愉快で温和で好奇心旺盛な、なんとも最高に性格のいいにゃ吾が

Photo_13

11日、これまた最高の里親さんご一家に迎えられてゆきました。

里親さんはネット経由でお問合わせいただいたご家族ですが、

きょーあすの里親さんといい、今回といい、

我ながら里親運のよさにほれぼれするほどのありがたいご縁でした。

Photo_14

そして24日。

ひとり残ったぽっちも、

Photo_15

里親さんご家族のお迎えの元、元気に卒業してゆきました。

里親さんは、これまた卒業生、ひーこ、くろりんぼ、坊っちゃんを相次いで迎えてくださった里親さんの同じ職場の方。

Photo_16

すっかりのびのび、やんちゃにやってるようですね~(笑)

ぽっちが加わってすっかりにぎやかに明るくなったと喜んでくださっています!


ここにきてようやく春からの子猫ラッシュが途切れ・・・

Dsc02665

12月。その後も数週間出しっぱなしだったケージも、ついに洗って畳んでしまったのでした。


   ********

振り返ると2013年・・・

まず、特筆すべきは、この大勢の子猫たちの里親さんが、

ほとんどかつての里親さんだったり、里親さんや友人たちのご紹介だったり、と

ご紹介のネットワークで決まってゆくことができたということ!

これはすごいと思います。なんてありがたいこと。


でもそれもまた、もともとはネット経由の里親さんであったり、今回もネット経由の方も最高で・・・。

いやはや猫って、ほんとによいご縁を招いてくれるんだなあ・・と、招き猫たちと皆様に心から感謝しています。


もうひとつは・・・複数の子を引き受けてくださる方が多かった!ということ。

これはねえ、いいんですよ~。ほんとに。子猫にも、ヒトにも、ね。ふふふ。

よい子に育って、手間は変わらず、可愛さ数倍!とアピールしていますが、

これもまた、受け入れてくださる里親さんの大きな懐があってのこと。

送りだす方も、とても嬉しく・・・これまたなんてありがたい事だろうと、

里親さんの皆さまには感謝の言葉しかありません。


毎年似たようなことを書いていますが・・・


こんな事を細々とやりはじめて13年。

くる猫を、出来るだけ受け入れるようにしよう、とそれだけを思ってやってきました。

でも、色々な事情もあり・・・少しずつそれも出来なくなってくるかもしれません。

一番やっていたいこと。やり続けていきたいこと、ではありますが、

今年はどうなるかなあ・・と、ちょっと弱気でいます。

でも、また・・・いい出会いがあるといいなあ。


ともあれ、皆様、本当にどうもありがとうございました!

皆様のご協力、ブログを通じての応援・・・本当に本当に力の源になりました!!


ねころく家、2013年度卒業生、総勢25名。

みんなみんな、幸せに。そして、みんなみんな、いつまでも元気で!!



☆ランキング参加しています☆

Dsc03015

「みなさん、よい子に元気に過ごすのですよ~。」

(あい!しぇんしぇ~!)

今でも子猫たちの声が聞こえるような気がします。みんなみんな、元気でね~。

↓↓今日もぽちぽちぽちっと応援ありがとうございます!↓↓

Photo

↑ブログランキング、MIXカテゴリに参加中

Photo_2

↑にほんブログ村。MIX多頭飼いに参加中。

モバペ|ペット人気ブログランキング

↑mobapeランキング。1クリック1円の殺処分防止などのための寄付になるそうです。有意義な寄付になりますように。

« ゆく猫、くる猫2013!~前編~ | トップページ | ベストポジション »

保護猫」カテゴリの記事

卒業猫」カテゴリの記事

子猫達」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

はふう~ぅ。満腹感。
いやあ、来たも来たなり、25ネコかい!
去年は20だったっけか?
12月みたいに、全然いなかった時期もあると思うと、
どれだけ一気に来たんじゃい!と驚かされます。
いやあ、頭が下がります。
ネコに色々なモノを貰っているといつも仰いますが、
もっぺんいうよ、いやあ、頭が下がります。
できることをできるだけ、と言いながら、そのキャパ!
懐の広さに、いつも感動を覚えます。
ご自身のことを1番に考えて、ね。
無理なくね~。(でもやっちゃうんだろうけど)
ホントにお疲れさまでした!!m(_ _)m

いつぞやはメールで失礼しました。大阪の猫好きおばちゃんです。

笑あり涙ありの濃い1年だったですね。しかし何度読み返してもきみどりさんのパワーには頭が下がります、ほんと。
忙しい日々を送っておられると思いますが、更新を楽しみにしてます。無理せずまったりと続けてくださいね。

ひゃあぁ、25ネコ
あーそうだったぁと思い返しながら

ほんとにありがとうございます o(_ _)o

25匹かぁ^^; 凄い数です。
その中にはなびも…
きみどりさんのご配慮のお蔭ではなびも
ちっぽと、素敵なご縁を結んでいただきました。
ありがとうございます。

乳飲み子の授乳は本当に大変。
授乳の練習をさせてもらって実感です。

先日、ゆきのワクチン接種で病院へ行って
先生と話していて、90gの子を育てるのは
本当に至難の技だとおっしゃってました。
でも、それをやってしまうきみどりさんは本当に凄い。
神ですね!

これから色々な事情で、どうなるか分からないけど、
まずは自分のペースで無理なくやってね。

大変ならSOSを出してね。すぐに行きますからね(笑)

25匹とは、本当にお疲れ様でしたconfident
私は、1度に4匹も来た時は、地域のボラさんに、すぐ頼ってしまいますcoldsweats02
きみどりさんが、乳飲み子を順番に、上手にミルクを飲ませる技は、もう師匠と呼ばせて頂きますconfident
ご自身の事や、ご家族の事や、色々と遣り繰りしながら、ねこしちも育てて…大変なのに、それを見せないし、愚痴らないのが素晴らしいhappy02shine
でも、無理はせず、出来る範囲で続けて下さいねwink

ホンッと、この数すごい!!

いろいろ保護の在り方を考えさせられますね~!!
前半では、私も子猫にしぼって、なんて、
できもしないのに目指せきみどりさんpunchな~んて思いましたけど、
私なりの保護の仕方があるんじゃないか…とか考える日々…
結論はまだでませんsad

どうしたら野良猫さまのためになるのか、人間と共存するにはどうしたらよいのか、
本当に自分なりの結論を出したいと思う今日この頃です。

ほんとうに、ほんとうに、個人の保護活動の範囲を超えている規模ではないでしょうか?
すごい…来るねこ拒まず、そしてどの子も幸せにしている手腕。

里親運がいい、とおっしゃっていましたが、きみどりさんの人徳あってこそ。
読んでいて感動してしまいました…。

保護活動の最前線は、いのちのやり取りがあるので、可愛いだけでは済みません、辛いことやストレスを感じることもあるでしょう、

きみどりさんも、ご家族様も、どうかご自愛なさって、
そしてまた今年もたくさんの子たちと、素敵な出会いをされますよう。
一年のダイジェストは圧巻でした。
ありがとうございました。

あと…むくむくを見たらペンギンチェックが癖になりました^^
健在だな、と。偉大な発見に幸あれ。

きみどりさん、

これほどの子猫達を救っていらした、その御尽力に心からの尊敬を込めて御礼申し上げます。

大変な困難もおありかと思いますが、いつも楽しいオブラートで包んで乗り越えておられるきみどりさん。

本当に凄いです。
ありがとうございます。

★くま吉さん★

あはは~。ほんと、満腹でしょうね~。げっぷ。
そうなんですよ。25匹!まあ、サビーさんとこからきたはなびと、3日しかいなかったまめちゃんも含んでいますが・・・
ここ数年では一番多いかな。

でも、そんなにいたっけ?と思います。里親さんが順調に決まってくれたおかげでしょうねえ・・・。ありがたや~。

懐、広い、というより・・・これは慣れ、だね。いや、麻痺、だね。そして、中毒だね(笑)
いつからどうしてこうなった・・・?変だなあ、あたし。と、たま~にまじで考えます(笑)


★大阪の猫好きおばちゃんさん★

ああ~!大阪の~~!
その節はどうもありがとうございました!
あの時、本当に嬉しくて・・・逆に私が励まされました。
本当にありがとうございました。

そうですね~。無理せずまったり・・・そして地道にでも続けていけたらいいなあ、と思っています!ありがとうございます。


★ゆみ丸さん★

こちらこそ、いつもいつも応援、コメント、ありがとうございます!
やっぱり、すっごく嬉しいものなんですよ~。
ゆみ丸さんの、ひとことコメント、とっても支えになっています!


★サビーさん★

ありがとうございます。
はなびはホントに可愛い子だったね~。
ちっぽとのコンビがまた愉快でしたよね。
大事な命を救ってくださって、そして託してくださって本当にありがとうございました。

乳飲み子は…確かに100グラム切ってるときつい、と言われました。
みにまむずも動物病院に持ち込まれた子を頼まれた訳で・・・。
だけど、結局は、その子の持っている生命力の問題、というか、全てはそこにかかっているように思います。
こちらは祈るしかない感じですよね・・・いつも。

今年はどうなるかなあ・・・。
サビーさん、いつも強力な応援本当にありがとう。
今年もどうぞよろしくね。


★らん丸さん★

ありがとうございます。
なんか・・・つらつら思うに、これも慣れ、というか、もはや麻痺してるんだろうな~なんて思っちゃいますよね(笑)
昔、ワタシ、年取ったら猫ばばあになるのが夢、とか言ってたけど、もうなってるし(笑)

うん・・・確かに、猫以外の事、正直色々大変だったりする時もあるんです。だけど、逆に猫と触れあってたり必死に育てたり、それをブログに載せたり、という事で癒されたり力をもらったり。
猫とブログは私の精神安定剤なのだと感じています。

結局、助けられてるのはこっちなんだなあ、って思いますよ~。
ほんとにね~。


★ぺぎさん★

ありがとうございます。
うん。保護の世界って・・・全体を見てしまうと途方に暮れてしまうほど深い森です。
殺処分の問題や、被災地の動物達、野良猫たちの問題などなど・・・。気が遠くなり、無力感で一杯になり・・・。

だけど、ね
1匹でもいいんだと思う。もし、目の前によろよろになった子猫がいたら迷わず拾うでしょう?病院連れてくでしょう?
挙句、自分ちの子にしちゃうかもしれないでしょう?

保護、なんていう世界全体を見ちゃうと、たかだか1匹なのかもしれないけれど、
その1匹にしてみたら、世界全てをもらったことになるでしょう?

それでいいんだと思う。1は、ゼロよりまし、と考えるけれど、
その子にしてみたらゼロどころか100なのだから。
そして、そういう気持ちとアンテナを持った人たちがいっぱい増えれば、今まで見て通り過ぎてしまった猫にあたたかい手を差し伸べてくれるようになるでしょう?

みんながそのひとりになれれば、それでいいんだと思うんです。
私もね、そう思ってやってきました。
で、いつの間にか、もうちょっともうちょっと大丈夫、と、麻痺してこうなっちゃってるわけです(笑)全くおんなじなんですよ。
私からみれば、ぺぎさん、十分すぎるほどすごいです。

とか、なんとか語ってしまいましたが・・・(汗)
またいっぱいお話したいですね!


★さくらんぼんさん★

ありがとうございます。
保護活動、というほどすごいもんじゃないんですよね、私の場合・・・。
なんか、いつの間にかこうなっちゃてて。いや、ほんと。
本格的にやってらっしゃる方々はこんなもんじゃないですから。
そして、わたしはそれは出来ない、と思っていますから・・・。
正直言って「保護」を名乗るのも恥ずかしいんです。実は。
ただ、他にいい言葉がなくってねえ・・・。

こういう事をやっていて、一番ストレスになることがあるとしたらそれは「人間」です。
中にはちょっと考えられないような方もいますから・・・。
だから、そんな時はヒトの事は考えないようにしていますけどね~。
だけどその何倍も猫たちはいい方々を連れてきてくれますから!
ほんとに招き猫なんだなあって思います。

さくらんぼんさん、いつもありがとうございます!
ほんとに嬉しいです。


★がっちさん★

ありがとうございます。

がっちさん、私は他の人に何かあった時、がっちさんのお心遣いをいつも思い出しています。
私もがっちさんのように、さりげなくあたたかい心遣いができるような人になりたいと思うようになりました。
こちらこそいつもどうもありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いします!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆく猫、くる猫2013!~前編~ | トップページ | ベストポジション »

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

GENESIS(ゲネシス) ~素敵な写真を残しませんか?あなたの大切な一瞬を↓Let’sクリック↓~

  • genesis.jpg

読んだら↓↓ぽちっとクリック。ありがとうございます!

  • Photo
  • Photo_2

むくむく稲荷☆なんか御利益あるかもよ~?

  • Photo_2
  • Photo

ねころく☆リンク ( カーソル当てるとご案内表示しま~す♪)

Plastic Romantic

Amazon

Amazon

楽天

  • おかいもの、ないですか?
無料ブログはココログ